【海外の学会報告から】免疫チェックポイント阻害薬で大腸癌治療はどこまで変えられるか ・・・併用や術前治療への応用で可能性は膨らむ

肺癌などとは異なり、進行大腸癌に対する免役チェックポイント阻害薬(ICI)の効果は限定的である。

現在、効果が認められているのは、マイクロサテライト不安定性陽性(MSI-H)またはミスマッチ修復機構欠損(deficient mismatch repair:dMMR)の進行大腸癌だけだ。10 月にドイツ・ミュンヘンで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO2018)では、MSI-H/dMMR の大腸癌に対する発表が相次ぎ、今後の大腸癌分野におけるICI 応用の展望が開けてきた。また、FOLFOXIRI レジメンの可能性をさらに示したTRIBE2 試験の結果も報告された。

その 1 つは、MSI-H または dMMR の進行大腸癌患者に対し、抗 PD-1 抗体ニボルマブと低用量の抗CTLA-4 抗体イピリムマブの併用療法を評価している第 II 相の CheckMate 142 試験。今回は 1 次治療として評価していたコホートから、良好なデータが報告された。MSI-H または dMMR の進行大腸癌は、抗PD-1 抗体が効果を発揮する癌として知られている。しかし、現在、海外で承認、日本で申請中なのは 2 次治療としての利用。現在、ペムブロリズマブ単剤を 1 次治療として評価する第 III 相試験が進行中であり、今回の併用療法の評価にはこのIII 相試験の結果を待つ必要がある。

もう 1 つは、早期大腸癌で、術前療法としての検討が行われたこと。dMMR の患者、ならびに MMR の欠損がなく DNA ミスマッチ修復良好(proficient mismatch repair:pMMR)の患者を対象として、イピリムマブ+ニボルマブを評価した NICHE 試験。dMMR の患者で高い効果が示された一方、pMMR の患者には効果がないことも明確に示された。pMMR の患者の治療は残された課題となっている。

さらに、進行大腸癌患者を対象に、FOLFOXIRI+ベバシズマブによる導入療法と再導入を評価したイタリアの GONO(Gruppo Oncologico del Nord Ovest)らによるTRIBE2 試験でも、有望な結果が報告された。

【文責】登坂紀一朗(薬剤師)