高齢者の6割以上が3疾患を併存

東京都内に住む75歳以上の高齢者約131万人のうち、約8割以上が2疾患以上の慢性疾患を併存し、約6割以上が3疾患以上を併存していることが、東京都健康長寿医療センター研究所の石崎達郎氏(研究部長)らの調査で明らかになった。

詳細は、米疾病対策センター(CDC)が発行する「PreventingChronicDisease」1月31日号に掲載。

2つ以上の併存疾患を有する患者の治療は複雑になりやすく、健康上の転帰に影響を及ぼすと考えられている。特に高齢者では、複数疾患の併存は身体機能やQOL(生活の質)、生存率の低下につながる可能性がある。併存する慢性疾患の平均数は、男性が6.2~6.8、女性が6.0~6.5であった。

最も頻度が高い3疾患の組み合わせは、男性では「高血圧+冠動脈疾患+潰瘍性疾患」(12.4%)、女性では「高血圧+脂質異常症+潰瘍性疾患」(12.8%)であった。

男性では「高血圧+脂質異常症+潰瘍性疾患」(11.0%)、女性では「高血圧+潰瘍性疾患+脊椎/関節疾患」(11.2%)が続いた。掲載論文は、

https://www.cdc.gov/pcd/issues/2019/18_0170.htm

【文責】登坂紀一朗(薬剤師)