薬機法改正案、継続審議に

第198通常国会が26日に閉会した。薬局の機能別認定制度の導入や、薬剤師に対する服薬期間中の患者フォローの義務づけ、パソコンなどを使って薬剤師が離れた場所から薬の飲み方を説明する「遠隔服薬指導」を解禁など。また、世界に先駆けて開発される医薬品・医療機器や、患者数が少ないなどの理由により治験が困難な医薬品・医療機器を患者に速やかに届けるための承認制度を創設するほか、安全対策の強化を目的の製造販売業者に対して医薬品などの包装のバーコード表示を義務化するなどを盛り込んだ医薬品医療機器等法(薬機法)改正案は継続審議となり、秋の臨時国会以降での成立を目指すこととなった。

【文責】登坂紀一朗(薬剤師)