消費税改定に伴ない、約3.2%引下げへ

厚生労働省は5 日、医療用医薬品の現行薬価と市場取引価格の開きを示す平均乖離率が、今年9 月取引分で約 7.2%だったとする薬価本調査の速報値を、中央社会保険医療協議会総会に報告した。来年10 月の消費税率10%への引き上げに対応して薬価を上乗せするために臨時的に実施したもので、前回の昨年調査から1年経過した時点で、薬価の開きは昨年比で1.9ポイント縮小。乖離率は7%台となった。流通安定のための調整幅2%を差し引くと、市場実勢価に基づく薬価引き下げ率は約5.2%となり、これに消費税率 8%から 10%への引き上げ分2%を上乗せすると来年10月の消費税改定では約3.2%の薬価引き下げが行われる。

【文責】登坂紀一郎(薬剤師)