初・再診料を引き上げへ 来年10月、消費増税に対応

厚生労働省は31日、来年10月の消費税率10%への増税に伴い、病院や診療所にかかった際の初診料と再診料を引き上げる方針を固めた。増税による医療機関の経費負担増を補うための措置で、患者の窓口負担も微増する見通し。厚労省は来年度予算の編成過程で具体額を詰める。 現在の初診料は2820円、再診料は720円。2014年4月の消費税率8%への増税時は初診料を120円、再診料を30円増額した。入院料の増額も検討しており、いずれも数十円~数百円の上乗せになる見込み。患者の負担(1~3割)も数円~数十円増えそうだ。

【文責】登坂紀一朗(薬剤師)